2020.02.07

羽生結弦が進む自らの道。「フィギュアスケートの完成形を目指して」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

「僕が気持ちよく滑れていたかどうかは見ている方の感性に任せますけど、平昌五輪以来、初めてバラード第一番を通すのを皆さんの前でやったので、すごく緊張したとともに、あらためてこのプログラムを滑るという感覚にさせられました」

 また、羽生は質問を受け、シーズン中で異例とも言えるショートプログラム(SP)とフリーのプログラム変更の理由をこう説明した。

「まずはグランプリファイナル、全日本とあって......。難易度を難しくするというのは自分自身楽しいですし、それを達成できた時の喜びは計り知れないものでもあるんですけど、何か自分が目指しているスケートというのは、ただ難しいことをするスケートじゃないなと思ったんです。

『Origin』をやっていても『秋によせて』をやっていてもそうなんですけど、自分の呼吸じゃないなと思って。技術的なことに関して言えば、やっぱり高難度のものを入れれば入れるほど、やっぱりまだスケートの部分がおろそかになってしまったり。曲から1回頭を切り替えて、曲を1回外してジャンプにセットしにいかなきゃいけないというのがやっぱり嫌だった。それに耐えきれなかったというのが大きいですね」