2019.10.31

紀平梨花はさらに進化する。
トゥルソワに勝つために必要なことは何か

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 目の前で、アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)にフリー歴代世界最高の166.62点を出された。しかし、紀平梨花は動揺する心をうまく抑えてスケートカナダのフリー演技に臨めた。

スケートカナダで2位になった紀平梨花「練習とか本番の会場に入ってからも、あまり何位になりたいとは考えないようにしているけど、演技の時は直前に他の選手が出した点数を見て、『この点数だったら超えられるかな』と考えて、気合いが入るということはありました。

 ただ、今回は超えられるかどうかわからないような、あきらめそうな点数だった。でも、あきらめかけた時に『自分の演技を絶対にミスなくしたい』という気持ちに切り替えて、しっかりいい演技ができたのはよかったと思います。

 どんな高い点数を出されても、自分がショートプログラム(SP)でミスをしてフリーで挽回できないような状況でも、自分の完璧な演技を目指していつもどおり演技に集中してやることが、これからも必要だと感じました」

 今回、紀平は9月のオータムクラシック前に捻った左足首が完治せず、「ルッツは2回転を跳んだだけでも痛みが出る」と、3回転ルッツを封印していた。初日のSPでは最初のトリプルアクセルをきっちり決めると、ルッツから変えた最後の3回転ループもしっかり跳んでGOE(出来ばえ点)加点を稼ぐノーミスの滑り。オータムクラシックより3点以上高い81.35点を獲得して1位で滑り出した。

 同じ濱田美栄コーチの指導を受け、トリプルアクセルを決めてノーミスの滑りをしたユ・ヨン(韓国)に3点以上の差をつけ、3位のトゥルソワとは6.95点差だった。

「トリプルアクセルの確率はけっこうよかったけど、6分間練習が終わってからまた少し感覚が違ったり、イメージがばっちり決まっている感じではなくなった。でも滑る直前にすごく集中して確認したので、何とか持っていけたのだと思います。

 今回はオータムクラシックやジャパンオープンより緊張したし、ルッツではなく3回転ループなので、点数がどれだけ出るかわからなかったけど、思っていたよりいい点数だったのですごくうれしいです」