2018.07.26

本田真凜のアメリカ新生活。
「言葉と食事以外、全部よかったです」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha photo by Yuya NAGASE/PHOTO KISHIMOTO

 フィギュアスケートの全日本シニア強化合宿が、7月22日から25日まで、長野県軽井沢町で行なわれ、24日には氷上練習や表現トレーニングなどが報道陣に公開された。

 この日は、平昌冬季五輪女子4位の宮原知子、世界選手権2位の樋口新葉らトップスケーターを含む女子10人、男子5人が参加。2018-19シーズン用のプログラムを滑ってチェックを受けたり、2006年トリノ五輪男子銅メダルのジェフリー・バドル氏(カナダ)からスケーティングやスピンなどの技術指導を受けたりするなど、内容の濃いメニューをこなしていた。

 そのなかには、今春から練習拠点をロサンゼルスに移した本田真凜(16歳)の姿もあった。

全日本シニア強化合宿に参加、笑顔を見せる本田真凜 本田はロサンゼルスで、ネイサン・チェン(アメリカ)ら、世界トップスケーターを指導するラファエル・アルトゥニアンコーチに師事している。昨年10月のジャパンオープンのときにアルトゥニアンコーチと話す機会があり、コーチからトライアウトを受けてみたらどうかと誘われたのが、海外に拠点を移そうと思うきっかけになった。

「アメリカには、ラファエルコーチから来てみたらと言われたので、自分の可能性を伸ばすために一度トライアウトを受けてみようと思って行きました。トライアウトはすごくきつくて、この練習をしたら強くなれるんじゃないかなと自分で思ったので、拠点を変えました」

 4月下旬のプリンスアイスワールドに出演した後、兄の太一とともにアメリカ入りすると、日本でのアイスショーや合宿参加などで日本と米国を行ったり来たりしながら、スケート漬けの充実した毎日を送っている。