2017.12.09

宮原知子、樋口新葉がノーミス演技の応酬も、
目標はあくまで「五輪」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日、女子ショートプログラム(SP)が行なわれた。世界女王のエフゲニア・メドベデワ(ロシア)の負傷欠場による繰り上がりで、ファイナル3年連続出場を果たした宮原知子は、自己ベストに0.03点と迫る74.61点で3位につける好発進となった。また、初出場となった樋口新葉は、自己ベストにあと1点足りない73.26点で5位につけている。SP首位に立ったのは、自己ベストを更新して77.04点のケイトリン・オズモンド(カナダ)だった。

 女子SPは、トップの2人がいずれも自己ベストを更新したほか、出場6選手全員が70点台をマークするハイレベルな戦いとなった。

GPファイナルSPで3位につけた宮原知子 なかなか高得点が出にくい1番滑走だった宮原。だが、過去に実績のある選手がノーミスの演技をすれば、ジャッジも得点を出さざるを得なかったのだろう。冒頭の高難度のルッツ+トーループの2連続3回転ジャンプを力強く跳んでみせると、出来栄え点(GOE)で0.70点の加点。最高のレベル4と判定されたステップでは1.50点がつき、2つのスピンでも1点以上の加点がついた。演技構成点では5項目すべて8点台後半を出して、6選手中3番目となる35.22点となった。