2017.12.08

宇野昌磨が優勝より難ジャンプ挑戦を
優先する理由は「羽生結弦の影」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 12月7日のグランプリ(GP)ファイナル男子ショートプログラム(SP)。演技を終えた宇野昌磨は、思わず苦笑を浮かべながら舌を出した。

グランプリファイナルSPで2位発進の宇野昌磨 最後のジャンプだったトリプルアクセルでまさかの転倒──。宇野は「うまく踏み切れなかったと思ったので、いつもより強く軸を締めたんです。それで着氷の姿勢がいつもより前過ぎたのかもしれないです……。練習ではしたことがない、試合ならではの失敗だったので、悔しさというより『ちょっと面白いこけ方をしてしまったな』と思って笑ってしまいました。試合だからアドレナリンが出ていつもより体が動いて、いつも以上のジャンプができたかもしれません」と説明した。

 この大会、宇野は”いつも以上の演技をしたい”と思うのではなく、”いつも通りの演技をしたい”と思って臨めたという。昨季の世界選手権でも口にしていた「まったく緊張はしなかったし、練習通りの演技ができた」という冷静さがあった。その心境を宇野はこう説明した。

「自分がこういう演技をしたいというのはいつも同じですけど、自分の調子が悪いとか練習をちゃんとやれていなかったりすると、それを踏まえていい演技をしなければいけないという考えになってしまっているんです。今シーズンのこれまでの試合はいつもそういう気持ちになっていました。でも、今回は練習でもやることをやって、これ以上やれることはないのではと思うくらいまでできた。いつも通りのことをやってそれで悪かったとしても、やれることをやっているのだから、それ以上はできないという気持ちでした」