2017.12.09

宇野昌磨は2位に後悔なし。
羽生不在のGPファイナルで収穫ザクザク

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

「今回は納得できる準備ができて自分の演技ができたので満足していますし、0.5点差で負けたというのもまったく気になっていません。いろんなところでチャンスはあったし、それこそコンビネーションとかスピンとかいろいろあったらしいですけど、それでも0.5点差で負けたというのは、『今日はそういう日だったんじゃないかな』という気持ちにしかならなくて。でも、次に同じような点差で負けたら悔しいと思うだろうから、同じような失敗をしないように頑張っていこうと思います」

 今の宇野は、挑戦すること自体がまずは大きな目標であり、勝利に固執する気持ちがそこまで大きくなってきてはいないようだ。それでも、次に同じようなミスを繰り返せば、確実に「悔しい」と思う──ファイナルでその経験を積むことができたのは、平昌五輪本番に向けて、ひとつの好材料だったといえるだろう。

◆スゴ技の美少女5人が火花を散らす、ロシアはジュニアも、おそロシア>>

■フィギュアスケート 記事一覧>>

■フィギュアスケート特集ページ>>

関連記事