2017.10.21

落ち着いた羽生結弦。転倒も
「GPシリーズ開幕戦初勝利」の起爆剤に

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 モスクワで開催されているグランプリ(GP)シリーズ初戦、ロシア大会のロステレコム杯、競技初日。朝の公式練習で少し入れ込んだような様子だった羽生結弦は、2回パンクしたあとで4回転ルッツをきれいに決めると、その表情に落ち着きを取り戻した。だが、曲かけ練習では後半の4回転トーループで着氷を乱すミス。少し不満気な顔も見せていた。

GPシリーズ初戦でSP2位発進となった羽生結弦

 それでも、試合直前の6分間練習では、いつもどおりの余裕を持った滑り。ジャージを着たままでトリプルアクセルを決めてエンジンをかけると、4回転トーループ+3回転トーループを余裕十分で決める。4回転ループも非常に落ち着いた精神状態を見せつけるかのようなジャンプだった。

 今大会、羽生のライバルと目されているのはネイサン・チェン(アメリカ)だ。この日第2グループの4番目に登場したチェンは、公式練習ではやや不安定さを見せていたが、本番では最初の4回転ルッツ+3回転トーループをきれいに決めると両手をグッと握りしめてガッツポーズ。その後は少しモタつくような動きになったものの、後半は4回転フリップとトリプルアクセルで着氷を乱した以外、ミスを最小限にとどめ、技術基礎点の高さを生かして100・54点とまずまずの滑り出しをみせた。