2016.04.01

怒りを集中力に変えて。羽生結弦が見せた絶妙のメンタルコントロール

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 アメリカのボストンで開幕した世界フィギュアスケート選手権、3月30日の男子ショートプログラム(SP)。最後からふたり目の29番滑走だった羽生結弦は、演技を終えると大きな声で叫んだ。

気迫溢れる滑りで、SP首位に立った羽生結弦「『よっしゃー!キターッ!』『見たかこの野郎!』みたいな、そんな気持ちでしたね」と言って羽生は笑う。

 その叫びの伏線は、昼の公式練習にあった。前日の公式練習の曲かけ練習時も、デニス・テン(カザフスタン)が2度にわたって羽生が滑るコース上に接近して演技を中断させていたが、この日の曲かけの最中にも、羽生がトリプルアクセルを跳ぶために滑るコース上で、テンがスピンを始めたのだ。

 テンを避けながら声を荒らげた羽生は、そのままトリプルアクセルを跳んだが転倒してフェンスにぶつかり、右手で強くボードを叩いて怒りを露わにしていた。

「彼自身もちょっとピリピリした気持ちがあるのかなと思いますけど、『たぶん故意だろうな』という感じはありました。あとで映像を確認すると、彼は僕の方をちゃんとチェックして、今までとは違う方向からスピンに入っていた。昨日の練習でも僕のステップ(の時に)に、明らかに無理やり入ってきていましたし、去年の世界選手権のショートの前にも、僕が転んでいるにもかかわらず、そのまま入ってきた彼に4回転を跳ばれたこともありますし。ただ、そういう気持ち以上に、そういうことで怒ってしまった自分に対して、『これじゃダメだな』という思いが強かったです」