2016.03.30

羽生結弦、世界選手権へ。前日練習での乱れは「吉兆」の表れ

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

SP前日の公式練習で笑顔を見せる羽生結弦 ボストンで開催されるフィギュアスケート世界選手権。3月28日、午前と午後の2回の公式練習では4回転ジャンプがノーミスだった羽生結弦。翌29日夕方のドロー後の囲み取材では、落ち着いた表情を見せていた。

「練習と本番は違うけど、自分の中でも『ああやればいいのかな、こうやればいいのかな』というのがピタリとハマッてきている感じがあるので、油断せずに、自分がやるべきことを明日に向けて、そしてフリーに向けてやっていければいいかなと思います」

 全日本選手権を終えてからここまで、練習に集中してきた。

「GPシリーズの時期とは違い、時間が十分ある中で計画を立てた練習ができた。今はNHK杯とはまた違った感覚で試合に臨めているし、それがうまく機能していると、昨日の練習で思えた」

 ここまでの練習は、迷いがなく、しっかりターゲットを絞れたものだったとも言う。

「4回転ループはもちろん練習していたけど、自分の中ではけっこう早い段階で、プログラムに入れるのはやめようと思っていました。もし4回転ループを入れるとしても、その構成を考えている中で、最初にループを入れた場合、今までやっていた次の4回転トーループの入り方で4回転サルコウが入れられる。また、後半の4回転トーループのところに4回転サルコウを、同じように入れられるか。そういうのをいろいろ組み換えながら試してきました。