2015.10.31

羽生結弦にも影響するのか!? フィギュア今季のルール変更点

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha 中西祐介/アフロスポーツ●写真 photo by AFLO SPORTS

 フィギュアスケートの2015~16シーズンが、先週のグランプリシリーズ(GP)第1戦スケートアメリカで始まった。日本勢はGP初戦から表彰台に乗る活躍を見せている。男子では本格シニアデビューを飾った世界ジュニア王者の宇野昌磨が、堂々の銀メダルを獲得。女子では全日本女王の宮原知子がジャンプのミスを出しながらも3位に食い込み、表彰台に立った。

 シーズン開幕前、今季のルールについてのいくつかの注目点を、国際審判員の吉岡伸彦氏に聞いた。結論からいうと、平昌五輪の3シーズン前となる今季、大きなルール変更はなかった。吉岡氏は「ステップシークエンスのレベル認定などの細かい部分では少し変更されたところはありますが、観客として見る側からすれば大きな変更はありませんでした」と、言う。

今季GP初戦、スケートカナダに臨む羽生結弦 ではそのステップシークエンスはどのようなレベル認定になったのか。

「これまではターンとステップは別々に数えていました。例えばレベル1ならターンが5個でステップが2個ないといけないとか、レベル2ならターンが7個でステップが4個ないといけないというものでした。それが今季からは、ターンとステップを一緒くたにして、比較的簡単なものは数えないことになりました。