2012.10.22

アメリカ大会で逆転負けも、羽生結弦の未来に不安を感じない理由

  • 青嶋ひろの●取材・文 text by Aoshima Hirono
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

「プレッシャー、大好きですから」「トラブルだって、いいきっかけになるんですよ」

 さらりとそこまで言われた日には、ほんとうに開いた口がふさがらない。

 実際、今回は残念ながらすべて披露できなかったが、4回転トーループもサルコウも、抜群の安定感で手中にしている。鬼のようなコーチたちが教えこんだスケーティングスキルも、繊細なプログラム表現も、ジャンプミス連続の中でその片鱗を見せている。

 フリーでその強さを見せられなかったのは、ショートで余裕の高得点を出してしまったから? 彼にとって心地よい「逆境」が、足りなかったのでは? そんなジョークを言う記者もいたが、あながち外れてはいないのかもしれない。 

 だから今回の結果を前にしても、決して心配してはいけない。羽生結弦という「怪物」は、遅かれ早かれその非凡さのすべてを、氷の上で見せてくれるだろう。私たちは近いうちに、怪物に圧倒される快感を味わうことになる。それがほんの少し、先延ばしになっただけだ。

関連記事