2022.03.03

目前だった井岡一翔の「統一戦計画」は遠のくばかり。新ライバル誕生の可能性は?

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by Kyodo News

 世界スーパーフライ級王座統一戦の"夢"は儚く――。

 現地時間2月26日、米ネバダ州ラスベガスのコスモポリタン・ホテルで行なわれたIBF世界スーパーフライ級タイトル戦で、王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)が同級11位のフェルナンド・マルティネス(アルゼンチン)に0-3の判定負け。アンカハスは10度目の防衛に失敗し、2016年9月から長きにわたって保持してきたタイトルを失った。これによって、WBO王者・井岡一翔(志成ジム)との統一戦計画は頓挫を余儀なくされた。

IBF王者だったアンカハスが敗れ、統一戦計画が頓挫した井岡IBF王者だったアンカハスが敗れ、統一戦計画が頓挫した井岡 この記事に関連する写真を見る 「減量の段階でミスを犯し、試合開始の時点で力が出せない状態だった」

 試合後、アンカハスが所属するMP(マニー・パッキャオ)プロモーションズのショーン・ギボンズはそう述べた。2010年からスーパーフライ級で戦い続けてきた王者も30歳。体重調整が難しくなっていたのは事実だろう。もちろんそれが主要因だと決めつけるべきではないが、マルティネス戦でのアンカハスの動きにはキレが感じられなかった。

 中盤、身長差とリーチを武器に一度はペースを掴みかけたようにも見えたが、相手が得意とする接近戦での打ち合いにずるずると巻き込まれてジリ貧に。それでも最後まで打ち合って王者の意地を見せ、年間最高試合の候補になりそうな大激闘となったものの、後半はマルティネスに絶えず回転負けしており、アンカハスの完敗は誰の目にも明らかだった。

「日本での井岡との統一戦を本当に楽しみにしていたので、延期になった時はとても悲しかったです。ただ、代わりにマルティネスとの試合が決まってハッピー。井岡との統一戦という目標は依然として私のモチベーションになっています。そのためにもこの試合に勝たなければいけません」

 マルティネス戦の前日、計量をクリアしたアンカハスは目を輝かせてそう述べていた。実際に、昨年末に一度は正式発表された井岡との統一戦が流れた後も、再セットが基本線だった。ギボンズは「マルティネス戦の3日前にも井岡陣営と連絡を取り合った」と明かしており、あとはアンカハスが10度目の防衛戦を果たしていれば、すんなり進んでいた可能性は高かっただろう。