2021.03.20

「井上尚弥でさえ完璧ではなかった」。リング誌編集長が見た京口紘人の米デビュー

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke

 現地時間3月13日、WBA世界ライトフライ級王者・京口紘人(ワタナベジム)が、テキサス州ダラスで行なわれたアクセル・アラゴン・ベガ(メキシコ)との防衛戦で"米国デビュー"を飾った。

 試合は4回まで接近戦の激しい打ち合いが多く、ほぼ互角の展開。5回、右パンチで京口の側頭部を叩いた挑戦者が右拳を骨折し、続行不可能となったため京口のTKO勝利となった。少々スッキリしない形ながら、京口が3度目の防衛を果たした一戦は、地元メディアの目にどう映ったのか。イギリス最大のプロモーターである「マッチルーム・スポーツ」と契約した27歳の日本人王者は、今後、どんなキャリアを歩んでいくのか。

 試合後、アメリカでもっとも権威あるボクシングの専門誌、『リングマガジン』のダグラス・フィッシャー編集長に話を聞いた。

***

ライトフライ級で3度目の防衛を果たした京口(写真:時事通信社/マッチルーム提供) ベガとの京口の戦いぶりは、感心させられるまでには至らなかった、というのが正直なところです。京口はベストと思える戦い方をせず、面白い試合に"してしまった"と感じました。

 身長146cm の小柄なベガと至近距離で打ち合い、見ている者にとって楽しいファイトになったことは事実です。ただ、そのせいでオーバーハンドライト、ボディブローを打ち込むチャンスをベガに与えてしまった。ベガのパンチがあれほどよく当たったことに、私は少し驚かされました。

「驚かされた」というのは、私のベガに対する知識が足りなかったからかもしれません。あらためて戦績を見ると、ベガはミニマム級時代、WBO同級王者のウィルフレッド・メンデス(プエルトリコ)との2戦をはじめ、強豪とも戦っています。メンデスには2敗しており、WBO王座がかかった2戦目は負傷判定で敗れたものの、採点自体は接戦でした(ベガがダウンを奪ったが、メンデスが67-66, 68-65, 66-67の2-1判定で勝利)。