2020.02.28

井上尚弥が藤原竜也と対談。思い描く
カシメロ戦の試合展開も明かす

  • 村上庄吾●写真photo by Murakami Shogo

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥と、俳優の藤原竜也。ジャンルを超えた2人の天才の対談が、2月26日に都内で実現した。
対談後に握手を交わした井上尚弥(左)と藤原竜也(右) 今回の対談は、WOWOWのボクシング番組『エキサイトマッチ~世界プロボクシング』の30周年を記念した、映画・ドラマ『太陽は動かない』(5月に劇場公開&WOWOWで放送)とのコラボ企画。『太陽は動かない』で主演を務める藤原が「小さな頃からボクシングファン。(井上を)直視できない」と切り出すと、井上も「『デスノート』や『カイジ』などを見ていたので、お会いできて光栄です」と返し、場を和ませた。

 辰吉丈一郎、山中慎介、長谷川穂積といった名だたる王者の試合を見てきたという藤原は、”ボクシング通”の俳優・香川照之に「すごいモンスターが出てきた」と教えてもらって以来、ずっと井上を応援していたという。そのルーツについて問われた井上は次のように答えた。

「父がアマチュアのボクサーで、試合を幼稚園の頃から見ていました。本格的にボクシングの練習を始めたのは小学1年生の時から。鏡の前でステップやジャブの練習を泣きながらやっていましたね(笑)」

 藤原も、14歳という若い時期から”鬼の演出家”蜷川幸雄に鍛えられた。今でこそ多くの舞台、映像作品で活躍する名俳優だが、俳優デビュー作となった蜷川演出の舞台『身毒丸』では、「毎日泣きながら稽古をしていました(笑)。でも、その経験が今に生きています」と、当時を振り返った。