2019.12.28

髙田延彦が力説。ヒョードルVSジャクソンに
「強者の色気」を感じろ!

  • 瀬川泰祐●取材・文 text by Segawa Taisuke

 毎年恒例となった日本格闘技界の1年を締めくくる年末の格闘技イベント。令和初となる今回は12月29日の「BELLATOR JAPAN」、12月31日の「RIZIN.20」と、2日間にわたってさいたまスーパーアリーナで開催される。

「BELLATOR JAPAN」では、エメリヤー・エンコ・ヒョードルvs.クイントン・”ランペイジ”・ジャクソンという日本の格闘技の歴史を掘り起こすような一戦が行なわれ、大晦日の「RIZIN.20」では新進気鋭の朝倉海選手をメインイベントに抜擢。メインの2試合は、非常にコントラストが際立っている印象がある。

 ほかにも多様な顔ぶれが揃っており、格闘技ファンの心を揺さぶるカードはもちろん、スポーツファンにも十分に届きそうなカードなど見どころ満載だ。今回は、その2日間の全貌を解き明かすため、格闘技界をけん引してきた髙田延彦氏を直撃。その第一弾、29日に行なわれる「BELLATOR JAPAN」の見どころを紹介する。

BELLATOR JAPANのメインを飾る、ヒョードル(左)とジャクソン(右)photo by Keizo Mori/AFLO――今回、BELLATORが日本に初上陸を果たします。素晴らしいカードが出揃っていますが、この日、もっとも注目すべきカードをお聞かせください。

「エメリヤー・エンコ・ヒョードルvsクイントン・”ランペイジ”・ジャクソンのスーパーファイトを抜きにして話は始まらないでしょう。もともと、BELLATORの本部では『絶対にロサンゼルスで行なうべきだ』と話されていたカードです。でも、代表のスコット・コーカーが、BELLATORが日本に初上陸する今回のタイミングで組んでくれました。

 もちろん、ヒョードルとジャクソンの意も汲んでのことだと思います。このスコット・コーカーの思いが詰まったカードは、PRIDE時代を知る日本のMMA『総合格闘技)ファンへの、心のこもったプレゼントだと思って受け取るべきですね」

――2人がPRIDEで活躍していた当時を知る、高田さんだからこそ知っているエピソードがあればお聞かせください

「ヒョードルの話になるんだけど、ラスベガスで開催したPRIDE.32の打ち上げのときに、みんなでバーに行って飲む機会があってね。その時に僕は彼に言ったんです。『このままいけば、君は”MMA界のモハメド・アリ”になれる』と。すると彼は『それはすごく光栄だ』と答えてくれました。その彼の表情が忘れられないですね。あの頃のヒョードルは本当に神々しくて、この世のものとは思えなかった。

 当時の彼のキャッチフレーズは”60億分の1”。彼の試合を一度でも見た人は、誰もそのキャッチフレーズを疑わなかったくらいに強かった。普通に考えれば、そんなことはあり得ませんよ。身長は僕より1センチ、2センチ低いくらいで、体重も105キロを少しオーバーするぐらいですから、ヘビー級としては小柄です。それでも、みんなが『彼に勝てる人はいない』と言っていたからね。

“タラレバ”になるけど、PRIDEが続いていれば……。本当に人生というのはわからないもので、その後、彼も翻弄されていくわけです。しかし彼はジェントルマンであり、あれだけの風格を持った男であり続けたんですよ」