2019.03.30

日本初の格闘技イベントでメイン。
青木真也は重圧にも「感謝してる」

  • 保高幸子●撮影 photo by Hotaka Sachiko

 3月31日、シンガポールの格闘技団体「ONE Championship(以下:ONE)」のイベントが、両国国技館で開催される。

 ONEはキックボクシング、ムエタイ、総合格闘技、グラップリングなど、あらゆる格闘技を網羅した団体。アジアの主要スタジアムで行なわれる各大会の視聴者は138カ国17億人に上り、各国から実力ある選手が集っている。

 そんなONEの日本初となる大会「ONE:A NEW ERA -新時代-」のメインを務めるのが、日本の青木真也(35歳)だ。かつて、卓越した寝技で「PRIDE」などでファンを沸かせ、2012年にONEと契約を交わしてから団体を象徴する選手として活躍を続けてきた青木が、ライト級世界タイトルマッチの挑戦者として戦いに臨む。

 大舞台を前にインタビューに応じてくれた青木は、ファンにはお馴染みの”歯に衣着せぬ”口調で、格闘家の枠を超えた人間としての生き方を語った。

格闘技イベントONEのメインを務める青木真也――近年は海外での試合が多いですが、日本のほうが調整はしやすいですか?

「やりづらいです。こういうインタビューとか、いらない仕事が多いからね。それは冗談ですけど(笑)。調整は海外での試合とあまり変わらないですよ」

――日本でのMMA(ミックスドマーシャルアーツ=総合格闘技)の試合は2015年12月の桜庭和志選手との対戦以来となるので、楽しみにしているファンも多いと思います。

「あの試合がMMAだったかというと微妙ですけどね。ルール自体はMMAだったけど、彼が100%の状態に仕上げてこなかったから、オレは(桜庭のことは)好きだけど認めてない。『一生懸命やってこいよ』と。だからあの試合をMMAだと認めたくない、という感じかな」

――青木選手は、立ち技とのミックスルールでの試合やプロレスにも出場してきましたが、どんな試合でも「一生懸命」というのは変わらない?

「もちろん。一時、階級を(ライト級から)ウェルター級に上げたときも常に100%でやっていた。どれだけ分が悪いと思える試合でも、準備で手を抜いたことは一切ない。ここまで50戦以上やってきたけど、そこに関しては相手に失礼なことはしていないと自負してます」

――しっかり仕上げるというのは、恐怖を感じていることの裏返しでもあるんでしょうか。

「それもあるかもしれないけど、オレは誰よりも格闘技が好きだから。格闘技は、生きるのがかったるくて死にたいとも思うようなところから、恐怖を打ち消して試合に向かっていく。その過程に価値があると思っています。そこは一般の人も引っかかるところがあるだろうけど……オレは大衆の心に刺さるようにやっているわけじゃないからね」