2018.08.27

井上尚弥の優勝はもはや確実視。
望まれているのはド派手な勝利だ

  • 杉浦大介●取材・文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by AP/AFLO

「団体を超えた世界一決定戦」として注目されるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)シーズン2の組み合わせが決まり、バンタム級の”真の王者”誕生に向けて期待が高まっている。

今年5月に3階級制覇を達成した井上 WBA正規王座を保持する井上尚弥(大橋)は、10月7日に横浜アリーナで行なわれる第1ラウンドで、元WBA 世界バンタム級スーパー王者ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)との対戦が決定。

 その他、WBAスーパー王者ライアン・バーネット(イギリス)、IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)、WBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)、元世界4階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)らが参戦する賞金争奪トーナメントは、世界中のボクシングファンを歓喜させるだろう。

 あらかじめ断っておくと、WBSSはアメリカ国内で特別に大きな注目を集めているわけではない。もともと欧州主導の大会であるため、アメリカの有力選手がほとんど参加していないからだ。それゆえ、シーズン1(クルーザー級とスーパーミドル級で実施)も今回も、米国内の有力テレビ局は中継を見送った。今回はアメリカでも9月からサービスを開始するDAZN(ダ・ゾーン)での配信が決まったが、まだ”マニアック”な盛り上がりだ。

 一部の米メディアにシーズン2の予想を尋ねても、「バンタム級は井上以外には誰が出るんだっけ?」などと聞き返されたりもしてしまう。そんななかで、今回は軽量級に造詣(ぞうけい)が深いアジア系アメリカ人の記者、関係者たちにWBSSシーズン2のバンタム級に関して意見を求めた。

「優勝予想をするならば、井上の名前をもちろん真っ先に挙げる。この世代にひとりの才能が日本から生まれた。アメリカでは注目度が高いとはいえない軽量級の選手ながら、リスペクトされ始めている。疑いもなく彼が本命だ。第1ラウンドで対戦するパヤノは、前戦では無名のフィリピン人選手に苦戦しているから、井上だったら前半で倒すだろう」
(『リング』ライアン・サンガリア記者/フィリピン系アメリカ人)