2017.09.12

パンチで爆発音がする井上尚弥。
ロマゴンの沈没で、次なる標的は誰だ?

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by AFLO

「すっきりしない勝ち方だったんですけど……また次につながればいいなという想いです」

 9月9日、カリフォルニア州カーソンのスタブハブセンターでの米国デビュー戦を終えて、WBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)は不満げな表情だった。

5ラウンドに左ボディでダウンを奪うなど、相手を圧倒した井上 この日に行なわれた6度目の防衛戦で、井上は同級7位のアントニオ・ニエベス(アメリカ)に6ラウンド終了TKO勝利。5ラウンドには強烈な左ボディブローでダウンを奪い、公式採点でも相手に1ラウンドもポイントを与えない”支配的”な内容ではあったが……。

 王者のパワーを体感したニエベスは、貝のようにガードを固め、3ラウンドあたりから早々とサバイバルモードに突入した。24歳のチャンピオンは時に両手を上げて挑発し、足も使ったが、消極的なニエベスをおびき出すことはできなかった。

 結局、ニエベスが手詰まりになったのを見て、ダウン以外は大きなヤマ場もないままセコンドが試合をストップ。順当にタイトル防衛は果たしたが、井上は期待された派手なフィニッシュを披露できなかった。”インパクト”という意味に限れば、この試合は確かに物足りなかったかもしれない。