2015.11.02

初の学生連覇へ!筑波大・竹ノ内佑也が全日本剣道選手権に挑む

  • 柳田直子●文 text by Yanagida Naoko
  • 時事通信社●写真

昨年の全日本剣道選手権大会で優勝し、天皇杯を手にする竹ノ内佑也 11月3日、文化の日。この日には毎年、日本武道館において全日本剣道選手権大会が開催される。各都道府県の予選を勝ち抜いた剣士たちが日本一を競う最重要大会。その大会で今年、一段と注目を集めているのが、筑波大学4年生の竹ノ内佑也(福岡県代表)だ。

 昨年、初出場ながらベテランの警察剣士たちを次々と撃破し、21歳5か月での優勝。43年ぶりの学生優勝にして、史上最年少優勝記録も54年ぶりに更新した。今年も優勝すれば史上初の学生2連覇となるだけに、いやが上にも注目は集まる。

 竹ノ内の出身は宮崎県宮崎市。剣道をしていた父親の影響で、3歳の頃には自然と竹刀を握っていたという。中学3年生の時に全日本少年剣道錬成大会で個人優勝、福岡大学附属大濠高校3年生でインターハイ団体優勝と、同世代のなかで早くから頭角を現していた。

 筑波大学入学後は全日本学生大会で団体優勝に貢献。その実績が評価され、2年生の時に世界大会日本代表を選考する強化訓練講習会に招かれた。経験豊富な20歳代、30歳代の警察剣士が選ばれることが多いこの講習会に、学生が選ばれるのは異例のことだ。30名を超える選手たちとの競争を勝ち抜き、今年5月の世界選手権に出場(男子の部で学生が出場するのは初めて)。団体戦優勝、個人2位の成績を収めている。