2021.06.24

たぬかなが困惑する「無敵の人」。女性ゲーマーの芽を摘む「容姿への侮辱」がネット上に作り上げられている

  • text by Sportiva
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

「女性蔑視について話し合いが足りない」と語るたぬかな「女性蔑視について話し合いが足りない」と語るたぬかな この記事に関連する写真を見る ■たぬかなインタビュー後編

 格闘ゲーム『鉄拳』の女性プロゲーマー、たぬかな。彼女は、国際大会で上位の成績を残してきたが、ゲームセンターに通い始めた中学時代から現在に至るまで、女性蔑視、誹謗中傷を受け続けてきた。

 eスポーツにおいて、その問題は根深い。eスポーツがリアルスポーツと決定的に違うのは、オンラインでも試合を行なえる点だ。オンラインのよさはプレーヤーとファンの距離感が圧倒的に近いことだ。ゲーム配信をする場合は、リアルタイムにコメントを書き込めるし、それに対してプレーヤーが即座に返答することも可能だ。さらに同じ大会に出場することもあり、プロゲーマーとファンが対戦することもありえる。

 しかし、その利点を利用して、女性蔑視的なコメントを書き込む人たちも一定数いる。

「一番困るのは、『無敵の人』ですね。自ら『僕は社会的地位はないし、無職だし、お金もない。訴訟をされても痛くもかゆくもないです』と言って開き直る人です。失うものがないから、誹謗中傷が止まらない。過去には不倫疑惑を書かれたことがあり、それを私の契約メーカーに何度も送りつけた人がいました。そのときは法的措置も考えて、警告文を出したんですが、『むしろ僕が攻撃されて傷ついたので、訴えます』と返される始末でした」

 このような警告文は所属チームを通して誹謗中傷のあった掲示板に掲載している。これによって一時的に沈静化するが、時期が経てばまた少しずつ増えていくのが現状だ。悪質なものについては、実際に訴訟を起こすべく弁護士と相談することもあるという。さらにたぬかな自身も、競技に集中するためにさまざまな工夫をしている。

「やっぱりネット断ちするのがよかったですね。それまでは掲示板を見ていたんですが、『本当に心が病んでしまうからやめなさい』とアドバイスを受けて、1年くらいネット断ちしたんです。それ以降だいぶ気持ちは楽になりましたね。