2021.03.31

モデルとeスポーツ二刀流の大友美有、高校生活最後の大会で有終の美

  • スサキリョウタ●取材・文 text by Susaki Ryota
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

モデル&eスポーツプレーヤーの大友美有モデル&eスポーツプレーヤーの大友美有 大友美有のフォトギャラリーはこちら>>

 モデル・タレントとして活動しながら、ゲーマーとして活躍を続ける女子高生、大友美有。彼女がプレーする「League of Legends(LoL=ロル)」は世界的なeスポーツタイトルで、特徴が異なるキャラクターを選び、試合中に得た経験値やアイテムを駆使して敵の本拠地を目指す、5対5のPC向け戦略ゲームだ。

 そのLoLを極めたい一心でN高等学校に転校し、さまざまな高校生大会で優勝を果たしている。プロゲーミングチーム「Rascal Jester(ラスカル・ジェスター)」の練習生にも選ばれた有望な選手だ。

 大友が高校生として参加する最後の大会になったのが「第3回全国高校生eスポーツ選手権」だ。3月14日に開催された本大会には大会史上最多の113校が参加し、大友を擁するN高等学校チーム「KDG N1」は昨年のディフェンディングチャンピオンとして本大会に参加。各校が打倒N高を目標に掲げる中、そのプレッシャーを跳ね除けて再び優勝を手にした。高校生eスポーツシーンにおいてレジェンドチームと言っても過言ではない「KDG N1」において紅一点の大友に、優勝の裏側を聞いた。

――先日、全国高校生eスポーツ選手権、連覇という快挙を成し遂げました。

 うれしいという気持ちも当然あるのですが、正直なところホッとしています。私はLoLをプレーするためにN高に転校してきて「わざわざ高校を変えたんだから、出場する大会はすべて優勝しなければ」と思っていました。今回の優勝で自分の決断が正しかったと証明できたので、とても安心しています。

――出場する大会すべてで優勝することは、決して簡単なことではないと思います。どうやってモチベーションを保っているのでしょうか。

 転校を後押ししてくれた両親や周りの人に、自分がどれだけLoLに真剣に向き合っているか見せたい気持ちが根底にありました。

――ディフェンディングチャンピオンとして、プレッシャーは感じましたか。

 もちろん、プレッシャーはありました。特に準決勝は1本先取制で、一戦ですべてが決まってしまいます。一切ミスが許されない形式なので、かなり緊張しました。