2020.07.28

野球はeスポーツも熱い。真中満は村上宗隆の能力値を上げてほしい

  • ハル飯田●取材・文 text by Haru Iida
  • 村上庄吾●写真 photo by Murakami Shogo

2020年シーズンもパワプロを使った「eBASEBALL プロリーグ」が開催される(ⓒNippon Professional Baseball / ⓒKonami Digital Entertainment) コナミデジタルエンタテインメントが手掛ける野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』(※以下パワプロ)は、プロ野球ファンにもおなじみだろう。

 パワプロは2018年からeスポーツ大会「eBASEBALL プロリーグ」を開催しており、eドラフト会議により選ばれた12球団の腕利きのeスポーツプレーヤーが日本一を目指してしのぎを削ってきた。先日も、3季目となる2020シーズンの始動が発表されたばかりだ。

 そんなeBASEBALLの中継では球場での試合さながら、プロ野球OBが解説者を務める姿が恒例となっている。なかでも昨季は「応援監督」に就任し、開催前から各イベントに出席しリーグを盛り上げたのが、真中満氏だ。

 選手・指導者としてプロ野球界で輝かしい実績を誇る真中氏の目にパワプロトッププレーヤーの戦いは、そしてeスポーツという競技の魅力はどのように映ったのだろうか。

──まず、真中さんはパワプロのプレー経験はありますか?

真中 もちろん存在は知っていたし、自分の子供がプレーしている姿を隣で見ていたから内容もある程度はわかっていたけど、自分ではあんまり遊んでこなかったな。だから、こんなに大規模な大会になっていくなんて想像できなかったね。

──そこからeBASEBALL プロリーグで解説を務めて、ゲームやeスポーツに対する印象は変わりましたか?

真中 それまでゲームは「自分でコントローラーを握ってプレーするもの」って感覚だったから、誰かがプレーしているのを観戦するっていう発想はまったくなかった。だから、最初はすごく斬新に感じたかな。観てみると緊張感もあるし、プロとして報酬が絡むことで必死さも感じる。本当にスポーツの大会になってきていて面白いよね。

──「eスポーツ」という表現には賛否あるところですが、プロ野球でご活躍されてきた真中さんにとって違和感はありませんか。

真中 スポーツって言うと「汗をかいて息を切らす」っていうイメージが強いんだけど、eスポーツは指先の細かい感覚だったり、頭を使ったりっていう競技だよね。「スポーツは激しく動いて苦しそうじゃないと」っていう人には浸透しづらいし、なかなか認めたくないのかな。でも大会の雰囲気とか、何度も汗を拭きながらチームで話し合いつつ戦ってる姿を見ると、イメージが変わると思う。選手の真剣さも伝わるんじゃないかな。