2020.03.19

常勝・鹿島アントラーズがeスポーツに本腰。
ナスリ獲得で次の一手は

  • 渡辺静●取材・文 text by Watanabe Shizuka
  • 高橋学●写真 photo by Takahashi Manabu

トップeスポーツプレイヤーのナスリ(左)と鹿島eスポーツ担当の深見氏 鹿島アントラーズがeスポーツでも新たな歴史をつくろうとしている。

 10~20代のデジタル世代を中心に熱狂を見せる新たなエンタメ「eスポーツ」。eスポーツとはエレクトロニック・スポーツの略称で、ゲームを使用した対戦を「競技」として捉えたもの。娯楽的な試合から真剣勝負まで、その形はさまざまだ。

 eスポーツが浸透しつつあるなか、鹿島は今年1月にeスポーツチームを設立。1人目の選手として『FIFA』シリーズ()で2018-2019シーズン世界ランキング24位(アジア人選手トップ)のナスリを迎え入れた。
※国際サッカー連盟公認のゲームで、クラブや選手が実名で登場する

 国内でもいくつかのeスポーツチームがサッカーゲーム部門を抱えているが、Jリーグのクラブがeスポーツチームを持つ事例はまだ少ない。

 しかし、「そうした現状だからこそやる意義がある」とクラブ側は主張する。なぜeスポーツなのか、どんな展望を持っているのか――。株式会社メルカリから出向し、鹿島アントラーズのマーケティング・事業開発を担当する深見和樹氏に話をうかがった。

「スタジアムでのJリーグ観戦者は主に30〜50代。eスポーツを通してより若い世代へ発信できれば、クラブが新たな層を取り込むチャンスになります」