2021.09.03

坂口佳穂、パリ五輪への再出発「ビーチバレーをしている以上、目指すべき場所は一番上」

  • 小崎仁久●文 text&photo by Kosaki Yoshihisa

 東京五輪が終わって、ビーチバレーボール界も他の競技と同様、次の2024年パリ五輪へ向けて動き始めている。

 五輪後、初の国内ツアーとなるマイナビジャパンビーチバレーボールツアー2021『第2戦 平塚大会ガラナ・アンタルチカ杯』(8月28日~29日)が、神奈川県平塚市の湘南ベルマーレひらつかビーチパークで行なわれた。

パリ五輪へ向けて再スタートを切った坂口佳穂(右)と、今大会でペアを組んだ鈴木千代(左)パリ五輪へ向けて再スタートを切った坂口佳穂(右)と、今大会でペアを組んだ鈴木千代(左) この記事に関連する写真を見る  今大会では多くの選手が、これまでとは違うペアを組んで参戦。東京五輪出場が叶わなかった坂口佳穂(25歳/マイナビ)も、村上礼華(24歳/ダイキアクシス)とのチームを解消し、鈴木千代(27歳)とペアを組んで出場した。

 鈴木は15歳から競技を始めた経験豊富なプレーヤー。今年6月には日本代表としてAVCコンチネンタルカップ・東京五輪アジア大陸予選に出場。開催国枠以外の、もうひと枠の獲得を目指して戦ったが、五輪出場権は惜しくもモノにすることができず、同大会後にはビーチからの引退を決めていた。しかし、坂口が「一緒にプレーして、勉強させてほしい」と鈴木に頼み込んで、今大会限りのパートナーとなった。

 その坂口&鈴木ペアは1回戦、坂本実優(30歳)&沢目繭(27歳)と対戦した。坂本&沢目ペアは、高さはないものの、粘りのある守備と緩急織り交ぜた攻撃が武器という試合巧者。そんな相手に対して、坂口&鈴木ペアはなかなか波に乗れなかった。急増ペアゆえのミスも目立ち、第1セットは14-21で落とした。