2021.07.25

木村沙織が東京五輪で注目する「後輩」たち。「打ち切る能力がすごい」と期待するアタッカーは?

  • Text by Sportiva

日本女子バレー伝説のエース
木村沙織インタビュー 後編 中編から読む>>

 リオ五輪の翌年に引退し、現在は夫と共にカフェ「32(サニー)」を経営する木村沙織。現役時代から抱いていた夢を実現し、それ以外にもテレビ出演やバレーの解説を務めるなど幅広く活躍している。

 もちろん、幕を開けた東京五輪を戦う女子バレー日本代表にも注目している。現役時代に一緒に戦った選手、新たな若い選手などに期待を寄せる中で、高校や東レアローズの後輩たちのプレーについても詳しく聞いた。

現在の活動や東京五輪メンバーについて語った木村沙織 photo by Matsunaga Koki現在の活動や東京五輪メンバーについて語った木村沙織 photo by Matsunaga Koki この記事に関連する写真を見る ***

――トルコで2年目のシーズンを送ったあと、2014年6月に古巣の東レアローズに復帰します。チーム史上初のプロ契約を結び、かつ日本代表のキャプテンを務めるという、すごくプレッシャーがかかる立場になりましたね。

「学生時代を含めてキャプテンになるのは初めてでしたし、いろいろ考えることがありました。チームをまとめる役割があまり得意ではないというか、どちらかというと苦手なタイプでしたから。理想のキャプテン像のようなものはあって、『自分もそういうふうにしなきゃいけない。もっとチームを引っ張らなきゃいけない』という葛藤もありましたね」

――理想のキャプテンとは、例えば誰になりますか? 

「それまで一緒にやってきた、吉原知子さん、竹下佳江さん、荒木絵里香さんです。それぞれタイプは違いますが、プレーでもチームを引っ張るというキャプテンでした。でも、私にはうまく務められなかったな......と反省することもありますね。ロンドン五輪後にチームのメンバーがガラッと変わって、代表が初めての若い選手もたくさん入ってきた。エネルギーに溢れていましたが、リオ五輪までに世界と戦えるところまで、チームを引っ張り上げることができなかったように思うんです。

 リオ五輪での順位は5位。その悔しさを知る選手がさらに経験を積んで、また新しい選手と共に、東京五輪を戦います。リオ五輪での経験を、どんな形でつなげてくれるのか楽しみにしています」