2021.06.20

元バレー選手・滝沢ななえが語る「レズビアン公表」の後。変わったこと、周囲との関係、いま大事だと感じていること

  • text by Sportiva
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

現役時代の滝沢ななえ。美人すぎるバレーボーラーとして人気だった photo by AFLO現役時代の滝沢ななえ。美人すぎるバレーボーラーとして人気だった photo by AFLO
 2017年、テレビ番組でセクシャル・マイノリティの一つ「レズビアン」であることを公表した滝沢ななえ。かつてはパイオニア、上尾メディックスで活躍したバレーボーラーで、「美人すぎる」とまで言われた美貌の持ち主だったこともあり、このカミングアウトは大きな話題となった。

 それから4年、さまざまな媒体で自身の過去を振り返るとともに、セクシャル・マイノリティの認知を広げる発信を続けてきた。最近では、LGBTQ+を対象にしたイベント「Rainbow Voice オンライントーク」に参加するなど積極的に活動している滝沢は、この4年間の変化についてこう語る。

「一番大きく変わったのは、自分のことを隠さずに話せるところです。カミウングアウトしたことによって、友達の関係や職場の関係がうまくいかなくなったということはなかったですね」

 滝沢がセクシャル・マイノリティであることは、ほとんど知られていなかった。「選手時代は髪も長くて、パッと見た感じはかわいらしいというイメージが強い選手だったので、男性ファンが多かった」というのも、知られていなかった大きな理由と自身は考えている。

 また「美人すぎる」と言われていたことについては、「そこに嫌悪感はまったくなくて、むしろありがとうございますという感じでした」とメディアの取り上げ方やファンからの言葉をありがたく受け入れていた。

 滝沢が自らセクシャル・マイノリティであると感じ始めたのは、22歳の時。テレビドラマ『ラスト・フレンズ』を見て、トランスジェンダーの存在を知ったのがきっかけだ。それまでは「男性とお付き合いしたこともあったが、好きにはなれなかった」。

 そんな中で見つけた、SNSのセクシャル・マイノリティのコミュニティーで情報交換をしていくうちに女性とお付き合いすることになり、相手が女性であれば恋愛ができることに気づいた。そこで、自分はセクシャル・マイノリティであることを確信したという。