2018.08.05

ビーチバレーの「プレ五輪」。
坂口佳穂の意識はどこまで膨らんだか

  • 小崎仁久●文 text&photo by Kosaki Yoshihisa

『FIVB(国際バレーボール連盟)ビーチバレーボール・ワールドツアー2018 3-Star() 東京大会』が、お台場青海特設会場(7月25日〜29日/東京都江東区)で行なわれた。
※Star=大会のグレード。5段階に分けられており、最も高い大会が5-Starで、最も低い大会が1-Star。

 世界29カ国を巡るワールドツアーが日本で開催されるのは3年ぶりのこと。2年後の東京五輪を見据えて、五輪の競技会場となる潮風公園(東京都品川区)に近い場所に仮設コートを設置し、”プレ五輪”大会の意味も含めて行なわれた。

 今シーズン好調の坂口佳穂(22歳/マイナビ)&鈴木悠佳子(30歳/湘南ベルマーレ)ペアも、ワイルドカードを得て、同大会に出場した。

3年ぶりに日本で開催されたワールドツアーに出場した坂口&鈴木ペア 2人は今季、国内ツアーと並行してワールドツアーも転戦しており、5月のベトナム・ハロン大会(1-Star)では3位、前週の韓国・ウルサン大会(1-Star)では準優勝と、海外でも結果を残している。ただし、表彰台に上がったのは、ワールドツアーの中で最もグレードが低い1-Starの大会だけ。出場自体も2-Starの大会までにとどまっているのが現状だ。

 そのため、坂口が「1、2-Starとは、会場の規模、盛り上がりも違うし、出場選手のレベルもまったく違う」と話す3-Starの今大会において、地元・日本開催ということも相まって、2人がどこまで戦えるのか、注目された。