2017.07.18

中垣内監督も「石川さまさま」と絶賛。
男子バレーが全勝で世界選手権へ

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 浦川一憲●写真 photo by Urakawa Ikken

 7月12日から16日まで、オーストラリアの首都キャンベラで開催された世界選手権アジア予選。バレーボール全日本男子は4戦全勝でグループBの首位となり、2018年に行なわれる世界選手権への切符を手にした。この春から指揮を執る中垣内祐一監督が「今季でもっともプライオリティが高い」と述べていたように、結果次第では自らの去就にも影響しただろう大会で、見事に目標を達成した。

エース・石川と新戦力の活躍で世界選手権出場を決めた全日本男子 終わってみれば、あらためて石川祐希のすごさを見せつけられた大会だった。

 日本が3連勝で迎えた4日目の第1試合で、タイが台湾相手に1セットでも取れば、日本は最後のオーストラリア戦を待たずに出場権獲得(グループ2位以上)が決まるはずだった。しかし、2位以上に入る可能性を残していた台湾は高いモチベーションを保ち、3-0のストレートでタイに勝利したことで決定は持ち越しとなる。

 それでも、続く試合で日本が1セットを取った時点で出場権が獲得できる状況だったが、オーストラリアは今年6月のワールドリーグでも2勝1敗と実力拮抗している相手。選手たちにも緊張による硬さが見られ、第1セット中盤まで2点を追いかける展開となった。