2017.04.05

木村沙織が6人全員を振り返る
「私を育てた女子バレー界の監督たち」

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 坂本清●撮影 photo by Sakamoto Kiyoshi

――成徳学園(現在の下北沢成徳)の中学校に進学してから指導を受けた、安藤美純監督はどんな監督でしたか?

「安藤監督はすごく明るい監督で、大好きでした。小学生の時は都内の学校へ行けると思っていなかったんですが、安藤監督に声をかけてもらったおかげで成徳学園に進学することになって、日本一を目指せる環境に入れてもらえました。そこから高校までの6年間、安藤監督と小川良樹監督のもとでバレーを教わりました。高校の小川監督は『自主性』を重んじる方で、基本の練習のメニューは決まっているんですけど、メインは自主練で、自分で考えて練習するという感じでした」

――厳しい指導もなかった?

「監督が怒るというよりも、選手同士で言い合って高め合っていく感じでした。『プレーするのは選手。勝ちたいのは選手だろう?』というのが小川監督の印象ですね」

――その指導の雰囲気は、木村さんに合っているような気がします。

「自分でもそう思います(笑)。他の中学や高校ではスタイルがあって、それにはめていくチームもあるんですが、成徳にはありませんでした。『自由に、自分の動きたいようにやらせてもらったな』という印象があります」