2017.04.05

木村沙織が6人全員を振り返る
「私を育てた女子バレー界の監督たち」

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 坂本清●撮影 photo by Sakamoto Kiyoshi

【木村沙織・涙の引退報告 後編】

(前編はこちら>>)
 3月25日のVリーグオールースター戦に先立って行なわれた、木村沙織の引退報告会にはたくさんの報道陣が詰め掛けたが、全体の質問が終わった後で幸運にも1対1で話をすることができた。

オールスター戦後、ファンに最後の挨拶をする木村沙織 日本女子バレー史上初の五輪4大会出場を果たした偉大なるエースが、バレー人生を通して巡り会った指導者たちについて赤裸々に語ってくれた。

***

――初めてバレーの指導を受けた監督は?

「もう(亡くなられて)いないんですけど、秋川JVC(東京・あきる野市)の監督だった土井垣泰明監督です。小学2年生から6年生まで指導を受けたんですが、レシーブを重視する監督でした。日本はレシーブが最も重要とされているので、最初に土井垣監督のもとで練習ができて本当によかったと思います」

――木村選手が長身なのにレシーブがうまいのは、この頃にその下地が作られたからなんですね。

「そうですね。基本練習が多くて、夏休みには普通の練習だけじゃなくて朝練もあったんです。朝5時くらいに家を出て、体育館ではアンダーパスやオーバーパスを何百回も延々とやりました。2人組になってパスをするんですけど、目標の回数を言われて、途中でボールを落としたら外の校庭走ってきてまたゼロからやり直し。でも、バレーは基本が大事なスポーツですし、そこで基本をたくさん体で覚えられたから、中学、高校につながったんだと思います」