2016.08.08

女子バレー日本、韓国に痛い逆転負け。
「攻めるサーブで活路を」

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari  photo by JMPA

 リオ五輪、女子バレーボールはグループリーグがスタートした。開幕初戦となったのが、日本対韓国戦。決勝トーナメントまで見据えると非常に大事な一戦であったが、日本は第1セットを先取したものの、2、3、4セットを韓国にとられて手痛い敗戦を喫した。

 試合後、元全日本代表で、現在は解説者である杉山祥子(元日本代表)さんに話を伺った。

photo by Ishiyama Shinji 【profile】
杉山祥子(すぎやま・さちこ)
全日本のミドルブロッカーとして、アテネ五輪・北京五輪に出場。グランドチャンピオンズカップでは銅メダルを獲得。Vリーグで7度のベスト6をはじめ、ブロック賞3度、スパイク賞、敢闘賞のキャリアを誇る。スピードのある多彩な攻撃と固いブロック力に定評があった。2013年引退後は各メディアで解説をしている。

――1セット目を先取したものの、逆転負けを喫してしまいました。2セット目以降の韓国はどこが違ったのでしょうか。

「まず、1セット目の日本の集中力が素晴らしかった。サーブがすごくよくて、木村(沙織)、島村(春世)を中心にサーブが走っていて。逆に韓国はサーブミスが多くて、波に乗りきれなかった。攻撃に関しても木村・長岡(望悠)・石井(優希)、中盤からは島村選手のミドルの攻撃もあり、組み立てもよかった。ただ、2セット目以降はその勢いが止まりました。

 韓国は14番のヤン・ヒョジンが、試合全体を通してサーブもスパイクも活躍が目立っていた。そして7番イ・ジェヨン。世界的エース、キム・ヨンギョンに目を奪われがちですが、今回はヤン・ヒョジン、イ・ジェヨンの攻撃にやられましたね。

 ポイントポイントで、意図的にヨンギョンがチームを盛り上げようとする派手なアクションにも、日本は押されてしまいました」