2016.05.11

【女子バレー】主将・木村沙織「命懸け」のリオ最終予選へ決意表明

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari  坂本清●写真 photo by Sakamoto Kiyoshi

OQTに向けて、決意を語った木村沙織 バレーボールの全日本女子チームが9日、味の素ナショナルトレーニングセンターで記者会見を行ない、リオデジャネイロ五輪世界最終予選兼アジア予選(OQT)に向けた抱負を語った。

 主将の木村沙織は引き締まった表情でコメントした。

「ランキングにかかわらず、1試合1試合、プレッシャーのかかる厳しい試合になると思いますが、チーム力で戦い抜きたい」

 4年前のOQTでは「全勝で1位通過」を掲げて戦ったが、途中韓国に敗れ、出場権獲得は最終戦までもつれこんだ。眞鍋政義監督が当時を振り返りつつ、決意を新たにする。

「4年前はホームがアウェーに変わってしまった。あの時は、ロンドン五輪でどうしてもメダルを獲るということを目標にしていたので、その前段階として全勝で1位通過を宣言していた。それが選手たちにかなりのプレッシャーになってしまい、立て直すのに苦労しました。今回はシンプルに8分の4の出場権を狙っていきたいと思います」

 昨年のワールドカップでは代表から外れていた荒木絵里香が復帰した。木村と同じ高校(成徳学園、現・下北沢成徳)の出身で、荒木の出産前まで2人はVプレミアリーグの東レで一緒にプレー。ロンドン五輪では主力として活躍し、銅メダルを獲得した。