2016.04.24

【男子バレー】リオ五輪出場のカギを握る石川祐希、柳田将洋のいま

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari  坂本清●写真 photo by Sakamoto Kiyoshi

 リオ五輪の出場権をかけた世界最終予選が1ヶ月後に迫った。昨年のワールドカップで大活躍した石川祐希選手と柳田将洋選手を中心に、全日本男子バレーの近況をお伝えしたい。

石川祐希(右)と柳田将洋。リオ五輪出場のためには2人の活躍が必須

 エースとして大きな期待のかかる石川は3月下旬に全日本合宿に合流して、しばらくはサーブ、スパイクの練習をせず、レシーブ練習のみで調整をしていた。

 昨シーズンは大学春リーグ(優勝)に始まり、黒鷲旗、ワールドリーグ、海外遠征、ワールドカップ、大学秋リーグ(優勝)、インカレ(優勝)、天皇杯と休む間もなく試合に出場し続けて、膝を傷めた。

「これまで感じたことのない痛み」だったこともあり、冬場はボールを触らず、トレーニングのみに明け暮れたという。東京のナショナルトレセン、次の鹿児島での合宿ではまだ別メニューだったが、今週行なわれた沖縄合宿では、やっとスパイクも打つようになり、紅白戦では石川のいるチームが2セットとも勝利した。2大会ぶりの五輪出場権が獲れるかどうかは、彼にかかっているといっても過言ではない。

 母校の星城高校、竹内裕幸監督は「バレーが好きでたまらないから、逆にできなくなってしまわないように、ここはどれだけ追い込む、ここは限定して流すということを、自分でしっかり考えられる選手。今は自制して、しっかり調整しているんだと思います。心配してません」と信頼を寄せる。