2015.04.05

【女子バレー】NECが逆転V! 久光一強時代から新しい局面へ

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 坂本清●写真 photo by Sakamoto Kiyoshi

 4日東京体育館で、V・プレミアリーグの女子ファイナルが行なわれ、NECレッドロケッツが久光製薬スプリングスを3-1で破った。

NECの優勝に大きく貢献した 大型新人・古賀紗理那

 誰もが驚く番狂わせだった。レギュラーラウンドも、決勝リーグにあたる”ファイナル6”も断トツで首位通過した久光製薬の3連覇は固いと予想される中、山田晃豊(あきのり)監督率いるNECは第1セットを取られたものの、2・3・4セットは終始リードを保ちつつの連取。10シーズンぶりの優勝を果たした。

 センター島村春世が9mの幅いっぱいを使ったブロードを決め、サイドアタッカー柳田光綺はクロス、フェイント、ブロックアウトと変幻自在のスパイクを打ち分けた。セッターは山口かなめと秋山美幸を途中で上手くスイッチして、全員バレーでつかみ取った優勝だった。

 2セット目に投入された新人のサイドアッタッカー、古賀紗理那(18歳)が試合の流れを大きく変えた。熊本信愛高校時代から、ポスト木村沙織の一番手と言われながら(ルックスも少し似ている)、インターハイも春高も優勝とは縁がなかった。それが内定選手としてNECに合流して、2ヶ月での悲願達成。本人はヒーローインタビューで「(自身にとって)初の日本一……うれしくて……うれしいです」とはにかみながらにっこり。

 山田監督は、「今日は選手たちが本当にかっこよかった」と褒め、「先発で入った選手も良かったが、途中から入った選手たちが非常に頑張ってくれた。中でも古賀、柳田(光綺)といった若手が起爆剤になってくれた」と二人の若手選手をねぎらった。