2012.06.22

【バレー】ご意見番に聞く、4年後に向けての男子バレー再建策

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 北村大樹/アフロスポーツ●写真 photo by Kitamura Daiki/AFLO SPORTS

●Vリーグ改革

「大学生がVリーグに参加してもよいので、つくばユナイテッドでは大学生もチャレンジリーグに参加しています。我々が結果を出したら、あるいは他の大学も続くのではないかと思います。大学チームがVリーグに加わることで若手に実戦経験を積ませれば、全日本を強化することに繋がると思います」

●長身の選手の育成

「高身長の選手の育成には時間がかかります。じっくりと腰をすえて育成しないと、結局はその時点でこじんまりとまとまった選手で勝ちにいくことになる。大学レベルでいうと、春リーグを取りやめるということも一つの手段でしょう。冬のインカレが終わってから、秋リーグまで時間が空いていれば、その間にじっくりと大型選手の育成ができます」

 バレーボール協会は全国から有望な選手を集めて強化する「エリートアカデミー」というカリキュラムを創設するという。これについて都澤氏は「サッカーでも行なわれており、それ自体は非常にいいこと」と評価する。

「ただし、いくら組織を作っても、目標が定かになっているか、選手を集めた後の育成をどうするかなど、きちんと注視していかなければなりません」

 再建に特効薬があるわけではない。地道な努力を明日からでも始める必要がある。

関連記事