2020.01.19

大坂なおみ、全米で学んだ自分への対処。
全豪はリラックスムードで自信

  • 神 仁司●文・撮影 text&photo by Ko Hitoshi

 大坂なおみ(WTAランキング3位、1月13日づけ)が、オーストラリアンオープン(全豪)で日本人選手としては、初めてディフェンディングチャンピオンとしてコートに立つ。

 グランドスラムのディフェンディングチャンピオンとしてプレーするのは、2019年USオープンに続いて2回目となる。大坂の水色のラケットバッグには、自由の女神とカンガルーのシルエットの白い刺繍が縫いつけてあり、ニューヨークとメルボルンでのグランドスラム優勝が表現されている。

コーチとの練習中に笑顔を見せる大坂なおみ。1回戦に向けて仕上がりは上々 USオープンでは3回戦で敗れて、タイトルを守ることができなかった大坂だったが、今回の全豪では、穏やかな表情を浮かべ、落ち着いて大会を迎えられていると語った。

「USオープンと比べたら、明らかによりリラックスしていると思います。あそこ(ニューヨーク)では、自分が神経質になることや自分に期待することへの対処など、多くのことを学びました。経験すべきすべてを、(ニューヨークで)経験できて本当によかった。この大会(全豪)に臨むにあたって、よりいい準備ができるでしょう」

 昨シーズン末には、右肩の痛みからWTAファイナルズを途中棄権して2019年シーズンを終えた大坂は、11月は完全休養に当て、12月に練習を再開させた。同時に、新しいツアーコーチとしてウィム・フィセッテコーチを招き、2020年シーズンに向けて再始動した。

「オフシーズンには、フィットネストレーニングをたくさんして、ウィムと一緒にトレーニングしました。前に進むためのアイデアを出し合い、理解しようと努め、たくさんのことを話しました。私は、その話し合いができたことが本当にうれしい」(大坂)

 初めてフィセッテコーチと臨んだ、ツアー開幕戦のWTAブリスベン大会で大坂はベスト4に進出して、シーズンの好スタートを切っている。

 大坂は体のラインがシャープになり、全豪の会場での練習を見る限り、右肩の心配はなさそうだ。

「私の肩はとてもいい状態よ。(前哨戦)ブリスベンでは、いいサーブが打てていたと思うし、できればこの大会でもいいサーブを打てたらいい」