2019.07.03

錦織圭が大坂の会見から
自身を顧みる「やめようと思ったことはない」

  • 神 仁司●文・撮影text&photo by Ko Hitoshi

比較的安定した戦いで2回戦進出を決めた錦織圭 ウインブルドン1回戦で、第8シードの錦織圭(ATPランキング7位、7月1日づけ/以下同)が、予選から勝ち上がったチアゴ・モンテイロ(113位・ブラジル)を、6-4、7-6、6-4で破り、8年連続で2回戦進出を決めた。

 6月中旬に行なわれた前哨戦のATPハレ大会(ドイツ)を右上腕部炎症により欠場したため、ぶっつけ本番で臨むことになった今回のウインブルドンだったが、休養という選択が正しかったことを証明するように、錦織は1回戦から会心のプレーを見せた。

「思ったよりよかったですね。しっかり練習ができて、自信もいい形で自分の中にありました。(ラファエル・)ナダルといい練習が2回できていましたし、調子は出だしからよかったです。1試合目にしては、いい試合だったと思います」

 モンテイロは、ひとつ格下となるチャレンジャーレベルの大会を主戦場にしているため、錦織が格の違いを見せつけた形だ。

「2セット目に若干危ない場面がありましたけど、あそこをしっかり取れたことと、サーブで切り抜けられる場面も多かった」

 こう振り返った錦織は、第2セット第10ゲームで1回だけサービスブレークをモンテイロに許したものの、試合が終わってみれば錦織のファーストサーブの成功確率は70%と安定していて、ファーストサーブのポイント獲得率も78%と非常に高かった。

 また、試合前に錦織自ら「いい感覚で打てている」と話していたグランドストロークも好調で、フォアのウィナー14本を含む36本のウィナーが決まった。

 錦織の1回戦は、第2シードの大坂なおみ(WTAランキング2位)が衝撃的な初戦敗退を喫した翌日に行なわれたため、試合後の会見ではやはり大坂の話題が挙がった。

 大坂の報道が過熱していることを、錦織はこう見ていると言う。

「最近思うのは、なおみちゃんの(関する)ちょっとアホな記事がすごく多いなって感じます。見当違いなことというか……。よくありますけど、想像の記事をたまに見る。なおみちゃん見ないでくれという記事が多いなって」