2019.01.18

錦織圭が「負けたと思った」
全豪2回戦。勝因を示すデータがあった

  • 神 仁司●文・撮影 text&photo by Ko Hitoshi

試合後、改めて勝利を噛み締めた錦織圭 3時間48分に及んだ激戦を制した瞬間、錦織圭は、両手と両ひざをテニスコートにつけて、まるでテニスの神様に祈りを捧げるかのように首を垂れた。その姿は、いかに勝利まで辿り着くのが難しかったかを象徴しているように見えた――。

 第8シードの錦織(ATPランキング9位、1月14日づけ/以下同)は、全豪オープン2回戦で、イボ・カロビッチ(69位、クロアチア)を、6-3、7-6(8-6)、5-7、5-7、7-6(10-7)で破って2年ぶりに3回戦に進出した。

 際どいゲーム展開で、最後までどちらが勝つかわからなかった。もともとリターンがそれほどよくないカロビッチに対して、錦織は、ファーストサーブでしっかりコースを突き、カロビッチの甘くなったリターンを、3球目のアタックで仕留めた。

 また、身長211cmから放たれるカロビッチの高速サーブのコースを読み、「いい感じでリターンはできていた」錦織が2セットアップとした。

 第3セット第11ゲームでカロビッチは、錦織のセカンドサーブをフォアリターンで叩いたり、バックのリターンダッシュをするなど、錦織のミスを誘ってラブゲームでブレーク。このワンブレークを生かして第3セットを奪った。

 さらに、第4セット第11ゲームでも、バックのダウンザラインへのパッシングショットやリターンエースを決めて、再びラブゲームでブレーク。カロビッチが第4セットを取って、2セットオールとなった。