2018.09.25

大坂なおみ準優勝の前日に、
“みゆまこ”が日本人初優勝の快挙達成

  • 神 仁司●文・写真 text&photo by Ko Hitoshi

 バルボラ・ストリコバが咄嗟に打ち返したバックボレーのボールがネットにかかり、勝利が決まった瞬間、加藤未唯二宮真琴は、両手を翼のようにいっぱいに広げ、思いきり喜びを爆発させてから抱き合った――。

日本人ペアとしてPPOで初優勝を果たした、左から加藤未唯と二宮真琴 東レ パンパシフィック オープンテニス(以下東レPPO)のダブルス決勝で、ノーシードから勝ち上がった加藤(WTAダブルスランキング54位、大会時、以下同)/二宮(27位)組は、第1シードのアンドレア・セスティニ フラバチコバ(6位、チェコ)/ストリコバ(12位、チェコ)組を、6-4、6-4で破り見事初優勝を飾った。大会35年目にして初めて日本人ペアによる優勝を実現したのだ。

 2018年東レPPOでは、USオープンでグランドスラム初優勝をした大坂なおみの凱旋試合が行なわれ、シングルス準優勝で大いに沸いたが、このダブルス優勝もすばらしい快挙となった。

 共に24歳の加藤と二宮も、すでにWTAツアーでのダブルス優勝はインターナショナルレベルの大会で1回ずつあるが、それぞれ通算2度目のこのタイトルはその上のグレードであるプレミアレベルでの初優勝となった。そして、”みゆまこ”としてのうれしいツアー初タイトルでもあった。

「すごくうれしいですし、プレミア大会でのタイトルなので、よりうれしさが増します。2人での1勝目なので、これから、2、3と重ねていきたい」(加藤)

「私は、WTAのタイトルを取ったのが、2、3年前(2016年ジャパンウィメンズオープン)が初めてで、それ以来なかなかタイトルを取れませんでした。今回、プレミアというのもうれしいですけど、こうやって2人でタイトルを取れたことがすごくうれしい。今後の自信にもなりますし、つながっていけばと思います」(二宮)

 加藤/二宮組は、東レPPOの1週前に開催されていたWTA広島大会では、惜しくも準優勝に終わっていたが、「知り合いに、広島か東京で優勝すると公言した」という加藤は、今週こそという思いが強く、二宮は、昨年の東レPPO準決勝で負けた雪辱を果たしたいという思いがあった。