2018.09.14

松岡修造も認める自信家・西岡良仁。
「乃木坂」も経てケガから復帰

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 1年前のこの時期――。西岡良仁は、ひとり「悲しい」想いを抱えていた。

 昨年3月のインディアンウェルズ・マスターズで、当時世界14位のトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)を破ってベスト16に勝ち上がるなど、キャリア最高の時を迎えていた。だが皮肉にも、あまりにいいテニスの調子は、肉体の限界を越えた試合数を彼に強いていた。インディアンウェルズの翌週のマイアミ・マスターズ2回戦で、ボールを拾うべく左足を大きく踏み出したとき、シューズの裏がコートに引っかかる不快な身体への刺激と同時に、ひざが「抜ける」感覚に襲われる。

全米オープンではフェデラーとセンターコートで戦った西岡良仁 前十字じん帯、部分断裂。

 かつてない疾走は文字どおり断ち切られ、約9ヵ月に及ぶ復帰への長い道を歩むことを強いられた。

 ランキングは自己最高の58位に達し、今後は一層上のステージで、さらなる高揚感を得られる戦場に身を置くはずだった矢先のケガ。そのときの彼が覚えただろう喪失感を想像すると、胸に鈍い痛みが走る。

 だが、当の西岡は、この期間を「視野を広げる好機」とすべく、栄養学や料理を学び、トレーニングに打ち込み、クリニックを主催するなどテニスの普及活動も積極的に行なった。

「テニスから離れたら、普段の生活でもイライラすることは、むしろなくなった。ずっといきたかった乃木坂(46)のライブにもいけたし……」

 ケガしたのは悔しいが、それは誰にでも起こりうる「事故」。

 そう割り切り、21歳の若者らしい日常も堪能していたという。

 その彼が、とてつもない悲しさに襲われたのが、昨年9月のデビスカップだった。仲間の選手たちが日本代表として活躍する姿を見たとき、自分ひとりが取り残されているような寂寥(せきりょう)感に襲われたのだ。

 あれから1年――。

 今年1月に復帰を果たした西岡は、全豪オープンでは29位のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)を破り、5月にはツアーの下部大会に相当する「ATPチャレンジャー」で優勝を果たす。全仏オープンでは初戦で敗れはしたが、実力者のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)を相手にフルセットの死闘を演じ、観衆からの「ヨシ」コールを引き出した。さらに先の全米オープンでは、初戦でロジャー・フェデラー(スイス)とセンターコートのナイトマッチで戦うという、かけがえのない経験も得る。