2018.02.16

なんと11年ぶり。杉田祐一が5セットを
戦い抜いて勝ったことの意味

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by Getty Images

 とはいえ、杉田がダブルスに出ることは、日ごろのツアーではほとんどない。2013年デビスカップのダブルスでコロンビアに完敗したときは、こみ上げる悔しさを必死に抑えつつ「僕はシングルス選手なので......」とかろうじて言葉を絞り出す。そしてそのとき以来、2016年9月の対ウクライナ戦まで、杉田はデビスカップチームからも離れていた。

 ツアーにおいても、大躍進を果たした2017年以前で杉田がグランドスラム本戦――すなわち5セットマッチのフォーマットで戦ったのは、わずかに3大会を数えるのみ。それらの3大会ではいずれも、初戦でトップ選手に当たったこともあり3セット(ストレート)で敗退した。

 また、2007年から2016年の間で杉田が5セットのフルセットを戦ったのは、例外的に5セットマッチが採用されているウインブルドン予選決勝の1試合だけである。

 その彼が、2017年の全仏オープン以降はグランドスラムに4大会連続出場し、うち3大会で5セットを戦うも、いずれも僅差で涙を飲んだ。

 全仏では追い上げる展開のなか、日没順延に水を注されて、最後は26位のスティーブ・ジョンソン(アメリカ)に逃げ切られた。

 連戦のなか迎えたウインブルドンの2回戦では、追いつきフルセットに持ち込むも、それまでにエネルギーを使い果たし、最終セットで力尽きた。

 そして先の全豪オープンでは、身長211cmの「ビッグサーバー」イボ・カルロビッチ(クロアチア)と行き詰まるサービスキープ合戦を演じた末に、第5セットを10−12で失う。長い試合になれば、サーブに勝(まさ)る相手に分があったことを認めたうえで、早い段階でブレークできずに相手の土俵に乗ってしまったことを彼は悔いた。

 それら重ねてきた経験と、コートから持ち帰った課題が結んだ果実こそが、今回のデビスカップでの11年ぶりの勝利である。