2017.09.06

土居美咲、苦しい中でも「バカみたい
ですけど、ランキングは考えない」

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

全米オープンも1回戦敗退となった土居美咲 土居美咲(WTAランキング94位、8月28日付け、以下同)がUS(全米)オープン1回戦で第23シードのバルボラ・ストリコバ(25位、チェコ)に1-6、3-6で敗れた時点で、彼女の2017年シーズンのグランドスラムでの挑戦は終了した。

「(ストリコバは)コートカバーリングの力が高いですし、追い込んでもかなり深いところにボールが帰ってきた。強いボールはないけど、うまいと感じた」

 こう振り返った土居は今季、オーストラリアン(全豪)オープン、ローランギャロス(全仏)、ウインブルドン、そしてUSオープンとグランドスラム4大会すべてで初戦敗退という不本意な結果となった。

「グランドスラムを含めてなかなか勝てていないというのがあるので、少なからず迷いはありますし、なかなか自分の思い通りにできていないことが多いですね。特に初戦が緊張しやすいというのもあって、そこを突破できれば、多分リズムができるのですが……」

 WTAツアーではニュルンベルク大会でベスト4、台北大会でベスト8に進出したものの、WTAツアー大会も含めた本戦での初戦敗退はUSオープンまでで11回を数える。

 5月のニュルンベルク大会準決勝で腹筋を痛めた影響もあっただろう。ローランギャロス1回戦では、痛みによって力を出し切れず敗退して、試合後の会見では大粒の涙を流した。6月のグラスシーズンでは大会出場を見合わせ、回復に努めた時期もあった。

「多少は影響していることはあると思いますけど、そこを言い訳にはできない」という土居だが、世界ランキングは2017年シーズン開幕時40位だったが、みるみる下降。現在はトップ100をギリギリ保っている状態だ。