2015.11.16

【テニス】ジョコに完敗の錦織圭、ベルディヒ戦に勝機はあるか?

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

絶好調ジョコビッチに歯が立たず、ストレート負けした錦織圭 錦織圭(ATPランキング8位、11月16日付、以下同)が、ATPワールドツアーファイナルズに帰ってきた。年間成績上位8人しか出場できないロンドンでの大舞台への出場権を、錦織は2年連続で獲得したのだ。これは、日本だけでなくアジア全体で、男子選手としては初めての快挙だ。シーズン終盤に、右肩痛や左わき腹筋痛があって、フィジカルに不安を残したが、ツアー最終戦への2年連続出場は、高く評価すべき成績だ。

「やはりすごく光栄なことですね。目標にしていたこの場にいられることは、嬉しいです」

 このように語った錦織が、2015年大会では25歳で最年少出場となる。ツアーに帯同した2人のコーチも、ツアー最終戦の出場を評価した。

「とても安定していた1年だったと思います。再びロンドンでプレーすることは、決して容易なことではありません」(マイケル・チャンコーチ)

「2年連続で出場権を獲得したし、圭が最も若い選手だし、彼にとっては、とてつもなく大きなことだと思います」(ダンテ・ボッティーニコーチ)

 さらに、ツアー最終戦に14年連続出場を果たし、大会史上最多となる6回の優勝を誇るロジャー・フェデラーも、錦織の活躍を称えた。