2015.01.19

全豪開幕直前。錦織圭のふたりのコーチが自信のコメント

  • 神仁司●取材・文 text by Ko Hitoshi photo by Ko Hitoshi

 2015年最初のグランドスラム・オーストラリアンオープン(全豪)が、1月19日からメルボルンで開幕する。

 ATPランキング5位(1月19日付け、以下同)の錦織圭は、15年のツアー開幕戦であるATPブリスベン大会をベスト4で終えた後、メルボルン入り。その後エキシビションのクーヨンクラシックに出場してコンディションを整えた。

今シーズン、グランドスラムでの初優勝を目指す錦織圭 錦織は、全豪で自身最高の第5シードになり、これはグランドスラムでの日本男子選手最高のシードでもある。

「初めて第5シードとして臨みますが、気持ち的にそんなに変化はありませんね。いつもどおりプレーすることが、結果を出す一番のカギになるでしょう。もちろんプレッシャーや責任は後からついてくることなので、あまり気にせずやりたいと思います」

 錦織の初戦の相手は、ニコラス・アルマグロ(69位・スペイン)。アルマグロは、14年ローランギャロス(全仏)1回戦で左足をケガして棄権した後、6月に手術をして戦列を離れていた。その後、全豪の前哨戦である15年ATPシドニー大会で復帰を果たしたが、1回戦で敗れている。ただ、アルマグロは、11年2月にATPランキングを自己最高の9位まで上げたこともあり、ツアー優勝12回の実績を持つ29歳。錦織との過去の対戦成績は1勝1敗で、2試合ともフルセットだった。

「(アルマグロは)シードでもおかしくない選手で、タフな相手になると思う。ケガで休んでいたとはいえ、トッププレーヤーなので、サーブが良く、フォアハンドストロークはツアーでもトップクラスのものを持っている。力強いテニスに負けないように作戦を練ってやりたい。先をまったく見ていないので、まず1回戦を集中してやりたい」

 そう語る錦織は、順当に勝ち上がると、2回戦でイワン・ドディグ(86位、クロアチア)とジョアオ・ソウザ(115位、ブラジル)の勝者と対戦する。ドディグとの対戦成績は、錦織の3勝1敗で、ソウザとの対戦はまだない。