2012.11.05

【車いすテニス】国枝慎吾「リオパラリンピックまで一年一年、勝ち続けたい」

  • 荒木美晴●取材・文・写真(人物) text&photo by Araki Miharu
  • 吉村もと●写真(試合) photo by yoshimura Moto

新勢力との対決も「楽しみ」

――新シーズンの目標は?

ロンドンパラリンピック2連覇で精神的にも強くなった「まずは、11月7日から始まる世界マスターズ(ベルギー)を制することです。このタイトルはまだ取っていないし、チャンスはあると思うので狙いたいですね。年が明けたらすぐに全豪オープンです。グランドスラムはやりがいがあるので、まずは一年一年、勝ち続けたいですね」

――そのグランドスラムですが、ランキング上位7名とワイルドカード1名の8人のトーナメントで、この数年はほとんど同じメンバーで闘っていました。でも今シーズンは、フェルナンデス選手やレイド選手もランキングを上げてきて対戦することになりそうですね。

「そうですね、これからガンガン当たるんじゃないですか。グスタボとレイドは、間違いなくこの4年間でトップ8にはずっと居る選手になるはずです。彼らとは対戦数が少ないので、どういった戦いを自分相手にしてくるのか、こっちも研究をしていかないといけません」

――ロンドンの前から、この2選手には注目されていましたね。

「グスタボはストローカータイプ。とくにバックハンドが強力です。僕は正直なところ、レイドのほうが怖いですね。彼は左というのもあるし、パワーがすごくあって、サーブも、フォアもバックも、全部いい。ただ、いい意味でも悪い意味でも粗い。まだ悪い意味のほうが大きいかな。これがもうちょっと年を重ねてくると、テニスも落ち着いてくるだろうし、まだ伸びていくと思う。僕は彼を買ってます」

――そういう意味では、2013年の試合は楽しみなカードが増えていきますね。

「そう思いますね。パラリンピックが終わって、気が楽になったし(笑)。だいぶ楽しみが増えますよ。頑張ります!」

関連記事