2012.06.24

【テニス】錦織圭が語るウインブルドン、そして五輪への思い

  • 内田 暁●取材・文・撮影 text & photo by Uchida Akatsuki

ウインブルドンとロンドン五輪への意気込みを語る錦織圭 全仏オープンに向けた前哨戦を順調に戦う最中に、そのケガは錦織圭を襲った。

 腹斜筋の肉離れ――。錦織はその後、出場を予定していた前哨戦のみならず、クレーシーズンの最終目的地である全仏までも、欠場を余儀なくされたのだった。

 そうしてテニス界が土から芝のシーズンへと移行する中、ロンドンで行なわれたエキシビションの対レイトン・ヒューイット戦で錦織は復帰を果たし、ウインブルドンへの最終調整を行なったのである。その試合で錦織は、ひとつひとつのプレイと芝の感触を確かめるように動き、時にはヒューイットが「Too good!(良すぎだよ!)」とあきらめ顔で叫ぶほど、鮮やかな強打やドロップショットを決めて見せた。試合は6-7、3-6で敗れたものの、ほぼセルフジャッジのようなエキシビションで、両者とも笑顔も交えながら行なっていた。勝敗は、ほとんど意味を持たないだろう。

 さらに復帰戦とほぼ同時期に、錦織にとって2回目となるオリンピックへの出場も確定。そして今年のオリンピックが多くの選手にとって特別なのは、舞台が『ウインブルドンのコート』ということだ。

 ウインブルドン開幕まで1週間を切った中、ほぼ2ヶ月ぶりの実戦を、1年ぶりの芝でプレイした錦織。その現在地と、『聖地』での戦いに向けた意気込み、さらにはウインブルドンの後に控える『オリンピック』への思いを聞いた。

――エキシビションとはいえ、久々の実戦をやってみて自身のプレイやケガの状態はどうですか?

錦織 ケガの回復はまだ「100%」とは言い切れないですね。ただ、エキシビションやウインブルドンも含めて、無事に終えられたときに「100%」と言えるのかなという感じです。今日もまだ、少し不安がある中でやっていました。でも、こうやって普通に試合ができて、内容も悪くはないので、良い出だしかなという感じです。

――痛みはもうありませんか?

錦織 痛みはないですが、違和感というか......まだケガした部位の筋肉が固い感じがします。

――ケガをしたのはバルセロナ大会の準々決勝でした。どのような状況で痛めたのでしょう?

錦織 試合の日の朝に、少し張りがありました。ただ、張りぐらいは「いつものこと」と思っていたのですが、試合でサーブを打った時に、なんとなく引っ張ったような感じになったんです。そんなに悪いとは思わなかったので何ゲームか続けたのですが、だんだん痛みが大きくなって......。最後は身体を捻ることが一切できなくなりました。