2012.01.25

【今日は何の日?】伊達公子が全豪オープンでベスト4進出

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by AP/AFLO

ライジングショットを武器に世界の強豪を次々と破った伊達公子【1994年1月25日】
沢松和子以来21年ぶりの快挙達成

 この年の全豪オープン前に行なわれたニュー・サウスウェールズ・オープンで海外ツアー初優勝を飾った伊達公子(当時23歳)は、世界ランキング9位となり、日本人女子選手として初のトップ10入り。全豪はシード選手として挑むことになった。

 初戦のキャシー・リナルディから4回戦のジンジャー・ヘルゲソンまですべてストレート勝ちするなど圧倒的な強さでベスト8に進出した伊達は、準々決勝で世界ランキング4位のコンチータ・マルチネスと対戦。40度近い猛暑の中、試合はフルセットまでもつれ込んだが、「ボールに体が反応してくれた」と消耗戦を制し、自身初となる4大大会(全豪、全仏、全英、全米)ベスト4に進出を決める。全豪でのベスト4は、1973年の沢松和子以来21年ぶりの快挙だった。

 しかし、準決勝では世界ランキングの1位のシュテフィ・グラフに3-6、3-6のストレート負け。それでも世界に「伊達強し」の強烈な印象を与えた。その後も95年の全仏、96年の全英でベスト4に進出。ランキングも最高4位まで上り詰めた。

1

関連記事