2021.05.24

ラグビー福岡堅樹、初の日本一で引退。感謝の言葉と医師としての目標も語った

  • 松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu
  • 井田新輔●写真 photo by Ida Shinsuke

 安ど感か、充足感か。日本ラグビーの宝、青色ジャージの福岡堅樹はノーサイドのホイッスルが鳴ると両手でガッツポーズをつくり、燃え尽きたかのようにしばし、たたずんでいた。これで引退。「ほんとうに、ほんとうによかったなって」。28歳はそう、穏やかな表情で漏らした。言葉に実感がこもる。

自らもトライをあげ、パナソニックの勝利に貢献した福岡堅樹自らもトライをあげ、パナソニックの勝利に貢献した福岡堅樹

「ああ自分はもう、ラグビーをすることはないんだなと、じわじわ感じる部分もありました。ラグビーでは自分のやりたいことはすべてやり切れました。何ひとつ悔いはない。感謝しかありません」

 晴天下、5月23日の東京・秩父宮ラグビー場で行なわれたラグビーの日本選手権兼トップリーグ決勝。試合前の国歌斉唱で、横一列に並んだパナソニック ワイルドナイツの選手たちは互いに肩を組んだ。珍しい。新型コロナの影響で歌を歌えないため、急きょ、そうしたのだった。

「ワンチーム」の象徴の仕草に見えた。士気を高めるための要素のひとつが、これで福岡が引退するということだった。気を吐いたSO(スタンドオフ)の松田力也は「絶対、優勝して、ケンキさん(福岡)を送り出そうとみんなで思っていました」と打ち明けた。

 ラグビー理解度が高く、日本代表勢を多数抱えるチームが一つになれば強いに決まっている。激しいディフェンスで、サントリー サンゴリアスの攻めを封じ込んでいった。この日が日本での最後の試合となるニュージーランド代表の名手、SOボーデン・バレットにほとんど仕事をさせなかった。

 WTB(ウイング)福岡はこの日も光り輝いた。前半30分。パナソニックが敵ゴール前に攻め込む。ラックから左へ。SO松田が味方2人を間においた左ライン際の福岡と目があった。
 
 松田の述懐。「ケンキさんが僕を見てくれていたので、あとは僕がいいパスを放れば、ケンキさんが絶対、トライをとってくれると思ったんです。信頼関係はずっと、ある。それを信じて」

 福岡も応える。「そう、コミュニケーションがとれている。完全に目が合って、あっ、これは絶対ほうってくれるという確信はありました。スペースを十分に使える状況だった。スピードに乗ったままボールを受け取ることができたので、いつもの形でトライを取り切るだけでした」

 SO松田からの鋭いパスをもらったWTB福岡が猛ダッシュする。トイメンの相手を右ハンドオフで外し、必死でバックアップしてきたSOバレットを振り切り、左隅ぎりぎりにダイブした。左手一本でボールを押さえた。

 TMO(ビデオ判定)に持ち込まれたが、トライが認められた。有終のトライ。難しい位置のゴールも決まり、パナソニックが20-0にリードをひろげた。