2015.11.30

【ラグビー】美しき勇者「サクラセブンズ」、リオのメダルが見えた

  • 松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu  齋藤龍太郎●写真 photo by Saito Ryutaro

 女子ラグビー界の総力でつかんだ五輪キップである。表彰式後の"ビクトリーラン"。観客席には辛苦の時代を知る歴代の15人制、7人制日本代表の選手や、代表落ちした7人制スコッド(代表候補)たちも応援に駆けつけていた。晩秋の夜の寒さの中、涙ながらに祝福してくれるラグビー仲間の姿を見た時、33歳の一児の母、兼松由香も泣いた。

「びっくりしました。これまで一緒に戦ったメンバーや先輩たちも喜んでくれている。みんな、男子に負けないぐらい、ラグビーにかける思いが強かったと思うんです」

リオ切符を勝ち取ったサクラセブンズ

 1980年代から始まった日本の女子ラグビー。ずっと陽の目を見なかった女子ラグビーが、これほど世間の注目を集めるとは。この日の観客が約6000人。バスケットボールから転向してきた中村知春主将も言った。

「代表選手12人、スコッドのみなさん、過去に桜を背負って戦ってくださった女子選手のみなさん、その方々の積み重ねがあったから、いまの私たちがある。みなさんに、やっと(五輪キップを)取ったという報告ができて、うれしかったです」

 29日。東京・秩父宮ラグビー場で行なわれた7人制ラグビー(セブンズ)のリオデジャネイロ五輪女子アジア予選の日本大会。日本代表『サクラセブンズ』が香港大会に続いて優勝し、リオ出場を決めた。