2015.11.17

女子アナ殺到、グッズ売り上げ7倍……五郎丸フィーバーの真実

  • 斉藤健仁●文・写真 text & photo by Saito Kenji

 10月末に閉幕したワールドカップの熱がまだ残る中、11月13日に開幕した13年目を迎えるラグビーの国内最高峰トップリーグ。翌14日に愛知・パロマ瑞穂ラグビー場で行なわれた開幕節のヤマハ発動機ジュビロとトヨタ自動車ヴェルブリッツの試合は、特に、ワールドカップで日本代表として活躍したヤマハ発動機のフルバック(FB)五郎丸歩が国内初出場するとあって、ラグビーファンだけでなく世間の耳目を集める一戦となった。

五郎丸歩の一挙手一投足に注目が集まる

 集まった報道陣の数は、もちろん瑞穂ラグビー場のラグビー取材では過去最多(瑞穂で行なわれた日本代表戦よりも多かった!)。テレビ、新聞、ラジオ、雑誌を含めて試合自体に170人、来場したファンにコメントを聞く周辺取材も入れると200人。試合を撮影していたカメラを数えると約50台、TVカメラは10台を超えていた。何より東京のテレビ局の有名女性アナウンサー数名が取材に来ていたことには驚いた。

 ファンも、五郎丸が出場する試合は14時キックオフの第2試合にも関わらず、朝10時の段階では約400人が列を作った(1番早く並んだファンは朝6時40分!)。そのため開門は10分ほど早められた。

 ただ、1試合目には豊田自動織機、2試合目もトヨタ自動車とヤマハ発動機という東海地方を本拠地とするチームが4チーム中3チーム登場するとあって、それぞれのファンも多く、さほど五郎丸だけを目的に来たというファンが目立つことはなかった。警備も通常の40人のところ100人、高校生のお手伝いも通常30人のところ140人と増員したため、会場はそれほど混乱してはいなかった。